発酵黒にんにくとは?

青森県産のブランドにんにく『ホワイト六片種』を使用し、温度・湿度を調整しながら、熟成発酵させたもの。柔らかく、甘酸っぱい、まるでフルーツのような美味しさで、皮を剥くと黒くなっており、そのまま食べることができる。食べた後の戻り臭もなく、栄養価も高くなっていると、健康志向の方を中心に絶大な人気となっている。

自己発酵のこだわり

当ファクトリーでは『自己発酵』という、無添加・無加水で30日間かけて発酵させる方法をとっています。にんにくの持っている水分を利用して発酵した黒にんにくは、旨味が違います。また、京都産宇治茶とともに発酵させることで、よりマイルドで風味豊かに仕上げております。
おいしさを追求したとき、それは効率優先ではなく、手間ひまのかかる発酵方法にたどり着いたのです。

OEM(製造受託)について

長期リピート客も多く一年を通じて発酵作業を行っています。また原料の生産地である青森県は乾燥庫・冷蔵庫と保管設備も充実しており、年間を通じて安定的な仕入れが可能です。その為、弊社の黒にんにくは常に釜出ししたてのおいしさをお届けします。小ロットでのご対応や、PB商品企画など、誠心誠意ご対応させていただきます。